« ●時間泥棒やめようね③マイナンバーをオンライン登録させるのはやめて! | トップページ | 奇跡の逆転大勝利 »

2019年1月14日 (月)

頼氏の総統選出馬「簡単ではない」

1月11日に、民進党の切り札、賴清徳が行政院長職を辞任した。これは、不人気な蔡英文総統を降ろして総統候補になるためだろうか。現実は単純ではない。第1に、現職の総統は統治を一瞬も放棄できないのであり、常に最有力候補である。第2に、賴は国際派の蔡に敬意を持っており、迷いがある。もしも賴が蔡に挑戦するつもりなら、昨年11月の地方選挙大敗直後に辞任し、人気集めの言動をしてきたはずだ。第3に、党内で蔡支持の勢力はいまだ根強い。長年劣勢を跳ね返して国民党に対抗してきた民進党は、団結を何よりも重視する。賴は、先に国民党で誰が候補になるかを見極めてから、出馬表明をするか、副総統候補を受けるかなどを決めるのではないか。

*本稿は『The Daily NNA台湾版』第04729号(2019年1月14日)に寄稿した評論である。本ブログに転載を許可していただいた編集部に御礼を申し上げる。

« ●時間泥棒やめようね③マイナンバーをオンライン登録させるのはやめて! | トップページ | 奇跡の逆転大勝利 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頼氏の総統選出馬「簡単ではない」:

« ●時間泥棒やめようね③マイナンバーをオンライン登録させるのはやめて! | トップページ | 奇跡の逆転大勝利 »